勘違いしていた廃車手続き

今年の夏に10年以上乗っていたワゴン車を廃車にして、新車を購入しました。私が免許を取得して初めての車の買い替えだったので、父にくっついて手続きを見ていたのですが、廃車手続きにもいくつか種類があるということをその時にはじめて知りました。私は今まで廃車手続きをするとどんな車だろうと解体されてまた新たな部品になって利用されると考えていたのですが、なかには海外に行く車もあるのだそうです。廃車手続きにはいくつか種類があるのですが、そのあたりは説明があまりなかったので、よくわかりませんでした。さすがに10年以上乗っていると多少の愛着がわくもので、廃車になってしまうのはちょっと悲しかったのですがまだ走れる状態だったので、またどこか別の国で元気に走ってくれていたらいいと思っています。あるいは、新車の部品として組み込まれているのならばまたいつかどこかのタイミングで出会うことがあるかもしれません。もちろんその時にパーツがどういった経緯で作られているのかわからないので、判別はできませんがそう思っているだけでも少しロマンを感じてしまいます。数年後には家にあるもう一台の車も買い替えがやってくるので、それまでにたくさん車に乗って運転技術をあげつつ、車との思い出を一つでも多く作っておこうと思います。そしてもうすぐ我が家にやってくる新車の乗り心地や燃費の良さという部分が以前の車とどれだけ違うのか楽しみにしています。
酵素ダイエットには 優光泉が最適!