尿漏れに効く薬は何ですか?

『尿漏れ』の症状で病院に行くと、以下のような薬を処方されることが多いです。

・β受容体刺激薬
・抗コリン薬

β受容体刺激薬とは、膀胱の筋肉をほぐし、尿道の締まりを改善する治療薬です。

副作用として、吐き気や動悸といった症状が現われる場合があります。

抗コリン薬は、膀胱の緊張をほぐして収縮を抑制させ、『尿漏れ』を防止するという作用のある薬です。

口の渇きや便秘などの副作用が起こることもあるでしょう。

また、前立腺肥大症の人は、症状が悪化する可能性があるので、抗コリン薬を使用することはできません。

病院に行くと、主にこの2つの治療薬を医師から処方されるはずです。

「『尿漏れ』で病院に行くのは恥ずかしい」と思うかもしれませんが、早めに改善するためにも病院に行かれた方が良いです。

もしかすると、何かの病気が原因で『尿漏れ』を引き起こしている可能性もありますから、『尿漏れ』が頻繁に続くようであれば、たかが『尿漏れ』だと思わずに念のために専門医に相談してください。ココマイスター 鞄・バッグ・財布は売り切れが多いです

尿漏れしやすいタイプ

『尿漏れ』しやすい人とは、一体どのようなタイプなのでしょうか?

自分は『尿漏れ』しやすいのかどうか気になっている人もいると思うので、『尿漏れ』しやすい人の特徴をご説明いたします。

『尿漏れ』しやすい人は、以下のようなタイプです。

・出産経験がある
・子供を産む時に難産だった
・肥満気味
・便秘
・膀胱炎になりやすい
・運動不足
・ストレスを溜めている
・過度なダイエットをした人

こういったタイプの人は、『尿漏れ』しやすいので、十分に注意してください。

特に出産経験があり、それが難産だった場合は、かなりの確率で『尿漏れ』しやすい体質だと思ってください。

出産経験が多い人や難産だった人は、膀胱の神経や筋肉などが傷ついてしまっている可能性があります。

膀胱の神経や筋肉が傷ついてしまうと、『尿漏れ』が起こりやすいのです。

また、肥満気味の人や便秘の人は、常に膀胱が圧迫されているので、『尿漏れ』を起こしやすいですし、運動不足の人は尿道周辺の筋肉が弱まっているために『尿漏れ』しやすいでしょう。

そして、ストレスが多い人や過度なダイエットをした人は、ホルモンバランスの影響で『尿漏れ』しやすい傾向があります。重機買取リはトラック王国で!